どこから保険に加入すべき?(どんな保険代理店、保険会社…)

保険の加入経路

生命保険会社 営業員
(社員)
生命保険会社の社員です。保険会社によって一般の営業員を多く抱えているところや、専門的な知識を備えたライフプランナーと呼ばれる営業員を抱えているところなどがあります。
直営保険ショップ 生命保険会社が直接運営している来店型の保険ショップです。
通信販売
(申込書の郵送)
生命保険会社のコールセンター等を通じて説明を受け、郵送などで書類のやり取りをして申し込みをします。当初の申し込みがネットであっても郵送により加入申し込みをする場合は通信販売となります。
ネット加入
※生命保険会社のWEBサイト
生命保険会社のWEBサイトで加入申し込みをします。ネット販売専門のネット保険もありますが。色々な販売経路の一つとして生命保険会社が運営している場合もあります。
保険代理店 訪問型のライフプランナー・FP 保険代理店に所属している営業員が、自宅や会社、それらの周辺の喫茶店などに訪問してきて、保険の加入相談を受けます。比較的、実績のある人が多い傾向にあります。
保険ショップ 保険代理店が運営する保険ショップです。一社専属の保険ショップと複数社の商品を販売する保険ショップがあります。最近急拡大しているのは後者の保険ショップです。
通信販売
(申込書の郵送)
保険代理店がWEBサイトで資料請求や申し込みを受け付けて販売しています。
金融機関
(保険代理店)
銀行や証券会社の窓口 銀行や証券会社の窓口での保険販売です。変額や外貨建ての商品、一時払い型の商品など貯蓄や資産運用に関する商品が多い傾向にあります。

加入経路によって入れる保険が違う!?

対面で人に会って加入する場合でも、どこでどんな人から入るかによって、提案内容が違ってきます。
保険会社の社員や一社専属の代理店の営業員か乗合代理店の営業員かによって、そもそも販売できる保険会社の商品が違っています。

また生命保険会社の営業員でも、保険会社によって、基本的な研修を受けただけの一般の営業員を多く抱えた会社と専門的な研修を受けてより高度な提案力をもったプランナーと呼ばれる営業員が販売している会社があります。どちらのタイプの営業員かによって、提案内容は変わってきます。一般の営業員の中にも実績豊富で優秀な人はいますが、プランナー系の営業員のほうが概して保険設計のスキル・提案力が高くなります。

同様に乗合代理店でも、担当者が比較的経験の浅い営業員かライフプランニングの実績が豊富な営業員かによって、やはり保険設計のスキル・提案力に差が出てきます。

また、能力が高い人であっても、保険に対する考え方が違うことがあります。たとえば、様々なリスクにできるだけ多く備えられるように多くの保険に入るべきだという人と、重大なリスクのみしっかり備えて保険の加入は最小限にするべきだという人では、提案内容が違ってきます。

これは、会ってみないとわからない部分もありますが、まずはそういう違いがあるということを前もって知っておくことが大切です。

宮崎県で医療・がん保険相談ならお気軽にお問い合わせください

宮崎県で医療・がん保険相談ならお気軽にお問い合わせください