医療保険・がん保険の選び方

医療保険の選び方

保障期間

終身型と定期型を選ぶのと同様に、老後の保障は老後になって検討しても不利な加入条件となります。平均寿命の増加、公的医療制度の将来性などを考慮し、老後の保障をどうするかを考えることが必要です。

保障される病気・ケガの種類は

医療保険は病気やケガを保障対象としています。そのため、保険商品や保険会社によっては、病気、ケガの種類によって保障金額や対象が異なることもあります。現在の健康状態や職業上などのリスクを考慮したうえで、どのような保障がされるのかを把握する必要があります。

入院給付金はいくらか

入院費用や入院日数は減少傾向にありますが、その一方で自己負担額は増加傾向にあります。入院時の状況によってかかる費用は異なりますが、入院1日あたり10,000円の保障を目安に入院給付金を設定するのが一般的です。

入院給付金は入院何日目から保障されるか?

日帰り入院から、1泊2日以上の入院で1日目から保障される、5日以上の入院で1日目から保障される、など医療保険によって入院の日数に条件を設けているものがほとんどです。日帰り入院から保障される医療保険のほうが、医療技術の進歩により、入院日数は短くなる傾向の昨今には適しているといえます。また「短期入院保障」として、10日以下の入院であれば、日帰りであっても一律10日分の入院給付金が保障される商品もあります。

1入院あたりの保障限度日数は

1回の入院で、何日まで保障されるのかを「1入院あたりの保障限度日数」といいます。30日・60日・120日など、医療保険ごとに異なります。保障日数が長いほど保険料は高くなる傾向があります。

通算限度日数は

保険期間を通して、何日目まで保障されるかを「通算限度日数」といいます。これは、病気で30日入院し、しばらくたってからまた病気で20日入院した、というように給付金受取対象となる入院日数は累計されていきます。その累計日数が730日・1000日などの限度日数に達したら、それ以降の入院についての給付金は支払われないということです。通算限度日数は医療保険ごとに異なります。

 

がん保険の選び方

がん保険の種類は豊富にあり、保障内容も多岐にわたってきています。そのためにがん保険を選ぶ際にどのような違いに着目すればよいのか、以下のポイントがあげられます。

1、診断給付金の受け取り回数は複数か

がんと診断されたときの「診断給付金」は、商品によって受け取り方が異なります。例えば、一度しか受取れない商品もありますし、再発した時などには2年に1回受取れる商品もあります。また、保障内容に診断給付金がないものもあります。がんは、一度治れば必ずしも大丈夫とはいいきれません。数年経って再発することも想定されます。そのため、診断給付金が一度でよいのかどうかを想定しておく必要があります。

2、入院給付金日額がいつから支払われるか

入院給付金日額は、保険商品により1日10,000円や、15,000円といったものもあります。この金額については、医療保険の入院給付金と同様に考慮する必要があります。
入院日額給付金がいつから支払われるかは商品によって異なっており、入院1日目から支給されるものとそうでないものがあり、確認しておく必要があります。

3、先進医療が保障に含まれているか

最近のがん治療には先進医療のほうが有効な治療であることも増えてきています。しかし、先進医療は最先端の治療技術のため、保険適用外で費用が高額な場合もあります。そのため、先進医療を受けた場合に備えて先進医療による保障も重要です。万が一の場合に備えて高額な医療費にも対応できるよう備えておく必要があります。

4、通院給付金の支払い限度は何日か

最近ではがん治療に関しても、入院の短縮化が進んでおり、通院による在宅治療が増えてきています。通院のほうが長期的かつ高額になると想定されるのであれば、入院給付金よりも通院給付金の限度日数ができる限り長い商品が有効であると考えられます。

5、上皮内がんでも診断給付金が減額されずに受け取れるか

がん保険の中には、悪性新生物と上皮内新生物を区別し、保障内容においても給付金額が異なるもの、または上皮内新生物は保障対象外という商品もあります。上皮内新生物は転移するリスクが悪性新生物に比べて低いという理由から、上皮内新生物は保障対象ではないケースもあります。そのため、上皮内新生物にかかった場合でも保障されるかを確認する必要があります。

 

自宅でできる!保険の見直し方法!

下記の項目に1つでも当てはまる方は、保険を見直す余地が大いにあります。

□加入保険会社がわからない

保険がいざ必要となったときに、どの保険会社と契約したかがわからいないと、連絡先もわからず、保障を受けられないということになってしまいます。まずは、ご自身の加入している保険会社がどこか、また保険代理店で契約した場合は、どこの保険代理店で契約したかを確認する必要があります。

□いつまでいくらの保障(補償)があるのかわからない

保険商品には、終身型と定期型に分類されていますが、例えば、高齢になったときに、いざ保険金が必要となって、請求したものの、自身の契約が満了になっていたために、保障が適用されないということがあります。ですので、自身の加入している保険商品がいつ満了になっているのか、を確認する必要があります。

□保険料を何歳まで払うのかわからない

保険料品には、60歳払い、50歳払いなどの有期払いと掛け金を一生払込む終身払いがありますが、保険料を払い込む期間が長いほど、高齢になって収入が減少したときに払い込む負担が大きくなります。保険商品に加入するうえでは、いつまでにトータルで払い込む必要があるのか確認する必要があります。

□いくつ保険に入っているかわからない

医療保険やがん保険については、複数加入していても保障が重複していることがあります。保障が手厚くなる分、保険料の負担額が大きくなります。

「過去に付き合いで加入した。」「20年前に加入した記憶がある。」など複数の保険に加入したかもしれない、もしくは加入したが保障内容については分からないと、いった方は、見直す余地が大きいといえます。

 

失敗しない保険代理店の選び方・保険代理店の特徴

保険会社の
営業員
保険会社の
WEB
来店型
ショップ
小規模代理店 銀行
(金融機関)
オンライン
(WEB代理店)
当社
商品ライン
ナップ数
× × △※1 × △※2 ×
商品の
比較提案
× × △※1 × ×
特定分野の
専門性
× × × × ×
説明回数 × × × ×
契約までの
スピード
× × × ×
アフター
フォロー
△※3 × △※1 × ×
生命保険
以外の相談
× × △※1 × × △※4
非対面での
契約可否
× × × × ×

※1 代理店によって差があります
※2 オンラインで申込みできる商品が限られます
※3 営業員によって差があります
※4 当社でも法人向け生命保険、各種損害保険も取り扱いしております

 

こんな保険代理店には気を付けよう

ご自身が契約した保険代理店が、下記に当てはまると思った方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

・担当者が頻繁に変わる

・要件があって連絡しても、折り返し電話が来ない

・担当に電話しようとするとカスタマーセンターにつながる

・保険商品を頻繁に提案してくる

・新商品の案内の時など、新規契約の案内の時にしか連絡が来ない

・直近5年近く連絡がない

・契約した保険代理店において担当者以外を知らない

宮崎県で医療・がん保険相談ならお気軽にお問い合わせください 093-863-0811

宮崎県で医療・がん保険相談ならお気軽にお問い合わせください 093-863-0811